注目

日本が超資源国になる未来、メタンハイドレートの実態と経済への影響

近年のシェールガスの台頭により影が薄くなっていますが、資源の埋蔵量が期待できない日本で例外的に豊富な埋蔵量を期待されている資源としてメタンハイドレードがあります。そもそもこのメタンハイドレードとはどのようなものなのでしょうか。現在の技術開発はどこまで進んでいるのでしょうか。今回はメタンハイドレードに関わる事柄を見てみましょう。
“日本が超資源国になる未来、メタンハイドレートの実態と経済への影響”の続きを読む

暴落した中国のレアメタルにこれからの戦略はあるのか

現代社会を維持・運営するのに欠かせないのが、希少金属とも言われる「レアメタル」です。このレアメタルは、生産量のほとんどが中国に集中しているため、供給に不安を抱えている資源でもあります。この状況に対してどのような対策をとってきたのでしょうか。今回はレアメタルをめぐるトピックを見てみましょう。
“暴落した中国のレアメタルにこれからの戦略はあるのか”の続きを読む

海洋資源開発でなりふり構わず手を広げ始めた中国の戦略とは

需要急増によりまかないきれない資源を求めて積極的な海外進出を進めている中国ですが、強引なその手法は周辺諸国や進出先の国々から強い反発を呼んでいます。
なぜ中国は反発を集めてまで海外進出を急ぐのでしょうか。今回は資源を求めて海外進出を続ける中国の戦略をさぐってみます。
“海洋資源開発でなりふり構わず手を広げ始めた中国の戦略とは”の続きを読む

周辺国が一触即発状態に。南シナ海の現在を読みほどく

2015年末にアメリカのイージス駆逐艦が中国が領有権を主張する人工島の近隣を航海したことが話題となりました。
なぜアメリカはこの時期にこのような行動を取ったのでしょうか。今回は近年激化の一途をたどっている南シナ海の領有権争いと、政治・経済に与える影響について見てみましょう。
“周辺国が一触即発状態に。南シナ海の現在を読みほどく”の続きを読む

これから注目されるであろう中央アジアの資源とは

世界最大の大陸であるユーラシア大陸の中央に位置し、東のアジアと西のヨーロッパの結節点として発展していた中央アジアは、20世紀初頭に成立したソビエト連邦(旧ソ連)の構成国として取り込まれたため、その後の成長が滞ることとなります。
しかし1991年にソ連が崩壊したことにより、旧ソ連構成国は国家として独立することとなり、今後の有力な投資対象として中央アジアは注目を集めています。中央アジア諸国は今後の成長期待だけではなく、豊富なエネルギー資源・鉱物資源の埋蔵が確実視されているため、資源供給国としても世界から注目を集めている地域の1つです。
今回はそんな中央アジア諸国の特徴を詳しく見ていきましょう。
“これから注目されるであろう中央アジアの資源とは”の続きを読む